なぜ政治連盟が必要なの?

行政書士法は、議員立法であり、その改正等は、全党一致が必要です。
内閣法のように、国が法案を優先的に取り上げてはくれません。
政治連盟の役割

日本行政書士政治連盟では、行政書士制度に理解のある政党、国会議員、行政書士制度推進議員連盟と協議、陳情等の対策を行い、各省庁に理解を求め法改正を実現しています。


ご存じのとおり行政書士を取り巻く環境は極めて厳しいものがあります。
他業界からの浸蝕の阻止、行政書士にとって不利益となる法改正の阻止はもちろん、職域拡大のため、より必要な法改正を実現し、資格者としての社会的地位の向上を図っていかなければなりません。

しかし、法改正ともなれば、行政書士制度にご理解とご協力をいただいている議員連盟を通じて衆参法制局、各党の部会・政策審議会に上げ、対立する他業界の議員連盟と調整・了承をとりつけ、その後、衆参両院の委員会審議を経て本会議に上程となる長い道のりと、その間における膨大な時間と圧倒的な運動量が必要です。これは千葉県政及び県下各地方行政への働きかけにおいても同様です。
このため、先人の苦難の経験から、行政書士会にとって政治活動「部門」の役割を担う強力な組織が必要となったのです。
行政書士会の意向を受け、会の描く戦略に基づき、本会の望む目標を実現すべく、戦術を駆使して政治にアプローチして行くのが政治連盟の役割なのです。

行政書士制度の充実発展には、行政書士である貴方の協力が必要不可欠なのです。

組織

全国の会員が日本行政書士政治連盟(日政連)を組織し、日政連は各都道府県に政治連盟を置き、各単位会が加入手続きや会費を集めています。
これまで多くの法改正を成し遂げてきたのは、その会員の英知を結集し組織の総力を挙げて活動した賜です。

活動資金

個々の行政書士が十分活動するには、法改正や行政書士の職域の拡大と社会的地位の向上を図るために、行政書士を支えてくれる強力な組織が必要です。この目的達成のため、日政連が活動しています。
しかし、活動するためには、自ずと活動資金が必要になります。


日本行政書士会連合会(日行連)では政治活動は認められず、政治活動はあくまでも日政連でしかできないのです。
したがって、政治活動をしていくには、日行連とは別に日政連の会費が必要となります。
日政連並びに日本行政書士政治連盟千葉会の活動は、「総ての行政書士のために」であり、その成果の恩恵は、「総ての行政書士が平等に受ける」ことになるのです。